ビルベリープレミアムα

ビルベリープレミアムα

眼のケア、してますか?

 

 

こんな経験はないでしょうか。

 

  • TVの文字がかすんで見える
  • 遠くの標識が読めない
  • すぐに目が疲れる

 

昔は見えていたのに、疲れも意識しなくてよかったのに・・・。
これらの原因は十中八九PCやスマホの画面を
見すぎた結果であり、一種の現代病です。

 

これらの問題に対する一番の解決策は

 

「PCやスマホを使用する時間を減らしましょう」

 

ということになります。

 

ただ、仕事柄、PCとにらめっこしている人にとっては
画面を見る時間を減らすのは不可能ですよね。

 

かといって放置した場合に怖いのは眼精疲労です。
眼精疲労を放置すると最悪次のような症状が現れます。

 

自律神経のバランスが乱れる
日常的に頭痛に悩まされる
慢性的な肩こりに苦しむ

 

自律神経のバランスが崩れれば不眠や
うつ病につながりかねません。

 

また、頭痛は実際は頭が痛いのでなく、
眼の痛みが原因になることも多々あります。

 

正直、PCやスマホが普及した現代で
眼のケアをせずに放置することほど
恐ろしいことはありません。

 

私自身一時期は目の奥が痛くていたくて
しかめっ面で仕事をしていました。

 

特に働き盛りの20代30代の方には辛いものがあります。
それでも、早めに対策を行うことで十分に回復が見込めます。

 

一番大事なのは放置しないこと、これを覚えておいてくださいね。

 

パイロットも愛用したビルベリーで眼のケアを

 

ビルベリーはブルーベリーの一種で、
その物語は大戦中にまでさかのぼります。

 

かつて第2次世界対戦中に英国軍パイロットの中に
ビルベリージャムを好んで食べたパイロットがいました。

 

そのパイロットが夜でも敵がよく見えると話したのが
ビルベリーの研究の始まりだとされています。

 

実はこの話には明確な出典はないのですが、
ビルベリーが眼にもたらす嬉しい働きについては
認められるようになっています。

 

というのもビルベリーはブルーベリー種の中でも
アントシアニンの量が非常に多く、栄養価に優れているためです。

 

このように眼に良いとされる食品を効果的に
取り入れることで充分に眼のケアを行うことは可能です。

 

ビルベリープレミアムαで眼のケア

 

 

ビルベリーを使用したサプリメントで、
おすすめなのがビルベリープレミアムαです。

 

多くの栄養素を一粒にギュッと詰め込んだ中でも
私が注目したのは以下の点です。

 

ビルベリー由来のアントシアニン
ルテイン
メグスリノキ

 

アントシアニンの眼に対する働きは別記事にて
お話しているのでここでは割愛させていただきます。

 

ルテイン

 

ルテインは一言で言うと天然のサングラスです。
このサングラスは眼を有害な光から守ってくれます。

 

有害な光とはもちろん、スマホやPCが発する
ブルーライト等です。

 

困ったことにこのルテインは体内で生成することが
できず、40歳を堺に減少の一途を辿ってしまいます。
早めに効率的に取り入れることが大切です。

 

メグスリノキ

 

恐ろしくそのままのネーミングで、
『目薬の木』とも表記できます。

 

由来は戦国時代から樹皮を煎じて、
目薬として利用していたことから来ています。

 

目の健康に役立つとされ、現在でも重宝されています。
ちなみにメグスリノキは日本にしか自生していません。

 

その他にもストレスに良いとされるアスタキチンサンや
ビタミン類、赤ワインエキスなど様々な栄養素が凝集されています。

 

最近眼の疲れが気になる方や、
デスクワーク中心の方(特にオススメ!)に嬉しいサプリです。

 

さいごに

 

普段からPCやスマホを頻繁に使用しているにも関わらず、
眼のケアを怠っていると思わぬトラブルにつながりかねません。

 

対策を考えている方も、すでに悩んでいる方もサプリメントで
気軽に対策することが出来ます。

 

最後に、ここでビルベリープレミアムαを
紹介させていただいた理由はもう一つあります。

 

それは価格です。

 

サプリメントというのはある程度続けるのが前提ですから、
いくら良いものでも価格が高いと尻込みしてしまいます。

 

私自身も1ヶ月分3000円とか、5000円とか、
そういうサプリを続ける自信はありません。

 

その点ビルベリープレミアムαは通常価格でも1687円、
定期コースならさらに安くなっています。

 

一日分に換算すると56円です。

 

続けやすさという意味でもビルベリープレミアムαを
ここで紹介させていただきました。

 

眼のケアを真剣に考えている方は
ぜひ一度チェックしてみてくださいね。